【ワンドの10の正位置】その意味とどうすべきかを解説

最終更新日:2022年11月6日

1.ワンドの10の正位置が出た場合の基本的な意味

大量の棒を抱えて歩く男性の後ろ姿が描かれています。

どう見ても1人で抱え切れる量ではありません。

絵柄を見ただけでも、ネガティブな印象を抱くのではないでしょうか。

このカードは、重責に押しつぶされる人を表しています。

プレッシャーや責任感に押しつぶされそうになっていませんか?

あなたが自覚していなくても、仕事やプライベートにおいて抱えている諸問題があなたにとってかなりのストレスとなっている可能性があります。

自分を休ませてあげる時間を確実に取るようにしましょう。

また、頼まれごとを全て引き受けて背負いこんではいませんか?

時には、断ることも大切です。

現在の重圧に自覚的になり、やりたい気持ちが強くても、引き受けたら自分にとってどれ程の負荷となるのかきちんとイメージしてから返事をするようにしましょう。

2.相手の気持ちについて占った時にワンドの10の正位置が出た場合の意味

基本的には、相手があなたにとって重荷になっていることを表しています。

相手のことを考えすぎて、悩み苦しんでいることが多いです。

その悩みは、あなたがすぐに解決できるような簡単なものではありません。

このカードに描かれている男性のように、あなたは悩みを抱えるだけでも精一杯になってしまっています。

どんなに相手のことを思っていても、一度距離を置いてみるのが良いでしょう。

相手のことを思えば思うほど、現在抱えている問題を解決したいと感じ、相手に近づきコンタクトを取ろうとしてしまいがちですが、今ここであなた自身が潰れてしまわないようにすることが肝心です。

あなた自身が、相手との関係に押しつぶされてしまっては、今後なにも進展させることができないので、まずは自分自身を大切に扱ってあげましょう。

3.片思いについて占った時にワンドの10の正位置が出た場合の意味

かなり背伸びをした片思いである可能性が高いです。

相手との関係を進展させていくのが難しいと考えられます。

もし、ご自身に自覚がないようであれば、周囲の友人に客観的な意見を聞いてみると良いでしょう。

また、相手の好みに合わせすぎたり、相手の言うことを聞きすぎたりしている可能性があります。

そこに疲れを感じているようであれば、今後の展開について考え直した方が良いでしょう。

自分の個性や感性を殺さないと一緒に居られないようであれば、どんなに魅力的な相手でも楽しい恋人関係には結びつきにくいです。

片思いのうちに、自分の幸せをよく考えて立ち止まることも一つの勇気です。

これをきっかけに自分の人生観や恋愛観、本当に大事にしたいことについて熟考してみるのも良いでしょう。

次の恋愛に必ずプラスにつながるはずです。

4.復縁について占った時にワンドの10の正位置が出た場合の意味

復縁は難しい状況にあるといえるでしょう。

相手と別れてから現在に至るまで、ずっと反省と後悔を引きずり続けているのではないでしょうか。

一度、肩の力を抜いてみることをオススメします。

あなたが無理をしつづけ、顔がこわばっていると良いご縁が来ても良い結果に結びつかなくなってしまいます。

相手もあなたが無理をしていることをわかっているでしょう。

相手から復縁を持ちかけてくる可能性はかなり低いです。

心がすり減って、完全に疲れきってしまう前に、次の恋愛へと切り替えていくのも手です。

過去の恋愛を振り返った時に、あまりにも気が滅入ってしまうようであれば、それはしなくてもよい苦労であるといえるでしょう。

一度失敗した恋愛をやり直すよりも、新しい出会いを求めて一歩踏み出すことをオススメします。

5.仕事について占った時にワンドの10の正位置が出た場合の意味

現在、あなたが抱えられる以上の責任を負わされている可能性が高いです。

仕事の量、責任の重さをよく考え直してみてください。

具体的な仕事量を洗い出してみることをオススメします。

出勤日数やタスクの負担割合について、紙に書き出してみましょう。

自分では「大丈夫」と思っているかもしれませんが、実は働きすぎていることをカードが示唆しています。

特に、あなたが仕事好きな場合は要注意です。

「好きだから」というフィルターがかかって自分の現状把握ができなくなっていることが多いです。

また、上司や同僚もあなたが断らないことをいいことに、適正量以上の仕事を振り分けているかもしれません。

このカードを警告だと思い、家族や友人といった仕事と関係ない人たちの助言を素直に聞くようにしましょう。

6.自分の未来について占った時にワンドの10の正位置が出た場合の意味

将来について不安が多い時にでるカードです。

進路が明確に決まっている場合は、進路についてもう一度冷静に考え直してみてください。

これは、その進路が不適当であるといった意味ではありません。

あなたは、心のどこかで一歩踏み出すことに躊躇しています。

そのまま、無理に突き進んでしまっては、どこかで心理的な負担に押し潰されてしまいかねません。

自分の不安な気持ちと素直に向きあってみましょう。

一人で抱え込まずに、専門家の助言を受けたり、力をつけるための手段を探すことで、確実に将来の夢へと近づくことができるでしょう。

進路が定まらない、漠然とした不安感があると場合は、まず誰かに相談してみると良いでしょう。

周囲の人たちもあなたが苦労していることを感じていて、心配している可能性が高いです。

あなたの中にある材料だけでは、答えが出ない状況ですので、他者の意見を色々聞いてみることが今後の大きな糧となっていきます。

【ワンドの10の正位置】その意味とどうすべきかを解説に関連する占い情報