【優しさ】花言葉で優しさや慈愛を意味する花とは

最終更新日:2019年5月5日

優しくしてくれたことへの感謝の気持ちを花に乗せて贈りたい時、どの花を選べば良いのでしょうか。

できれば花言葉で「優しさ」を意味する花を贈りたいものです。

また優しい人になりたい時に「優しさ」を意味する花を選んで置きましょう。

今回はそうした「優しさ」を花言葉に持つをご紹介していきます。

優しさを意味する花1:花菖蒲

花菖蒲の花言葉は「優しい心」「嬉しい知らせ」「優雅」「あなたを信じる」「心意気」です。

花菖蒲の大きく垂れた花びらがなんとも優雅で優しい雰囲気を持つことから、このような花言葉となりました。

凛とした佇まいで、少し控えめな雰囲気が古くから花菖蒲が日本人から好まれてきた理由なのでしょう。

梅雨の時期に鮮やかな紫色の花を咲かせる花菖蒲は、昔から多くの日本人に親しまれてきました。

江戸時代から品種改良が盛んに行われ現在では5,000種類もの品種が存在すると言われています。

一般的によく知られている花菖蒲の色は青や青紫が多いのですが、ピンクや白の花菖蒲も人気があります。

この他には黄色い花の花菖蒲なども見られます。

優しさを意味する花2:藤

藤の花言葉は「優しさ」「歓迎」です。

紫色の藤の花が垂れ下がる姿はとても美しく、古来から日本人の心を癒やしてきました。

藤が優雅に垂れ下がる姿が女性らしい優しいを連想させることから、女性が着る振り袖の絵柄にもよく用いられてきました。

紫色の花を咲かせる植物は数多くありますが、その中でも藤色は、とても優しい色合いで柔らかな雰囲気があり、女性らしい品の良さを象徴しています。

男性の持つ、強さの中にある優しさというイメージよりも、繊細で気立ての良い優しさといったイメージが藤の持つ優しさです。

この他にも藤は「恋に酔う」「忠実」といった花言葉を持っています。

雅な藤の花言葉からインスピレーションを受けて誕生した作品が日本には数多く存在し、和歌や小説などの文学作品の中にも藤が登場するものがいくつもあります。

優しさを意味する花3:チューリップ

プレゼントとして人気のあるチューリップ全般の花言葉は「思いやり」「博愛」です。

丸みのある可愛らしい花の形から、思いやりなど優しさに溢れる花言葉を持ちます。

育てやすく、種類も豊富で、たくさんの色のチューリップがあるので、家庭で育てる人も多いでしょう。

ちなみに色別のチューリップの花言葉は、
赤のチューリップが「愛の告白」
ピンクのチューリップが「誠実な愛」「愛の始まり」
黄色のチューリップが「名声」「望みのない恋」
紫のチューリップは不滅の愛」
白いチューリップは「失われた愛」
という花言葉となります。

チューリップの優しさを感じ取りたい人は、複数の色の花をミックスして育てたり、プレゼントするのが良いでしょう。

優しさを意味する花4:サボテン

チクチクとしたトゲのあるサボテンの花言葉は、サボテン全般の花言葉は、「燃える心」「情熱」」偉大」「温かい心」「枯れない愛」そして「優しさ」です。

トゲのある植物なので、攻撃的な意味が並ぶかと思いきや、「温かい心」「優しさ」といった意味が連なります。

自らの体がトゲに覆われているからこそ、内側に優しさを秘めていることを表しています。

サボテンは品種改良により、多種多様なものが出回っています。

サボテンが咲かせる花の色もまた、赤、ピンク、黄、オレンジ、白など様々です。

暑い地域で降り注ぐ日光の中、水分がすくなくてもたくましく成長していくサボテンの姿から、「燃える心」といった情熱的な花言葉も持ち合わせています。

優しさを意味する花5:黄色のラナンキュラス

黄色のラナンキュラスの花言葉は「優しい心遣い」です。

ラナンキュラス自体、聞き慣れないという人も多いのではないでしょうか。

ラナンキュラスは球根植物で、ふわりとしたボリュームのある花びらが特徴的です。

また、ラナンキュラスの葉の形がカエルの足に似ていることからラテン語のでカエルを意味する「rana 」とかけられラナンキュラスと呼ばれるようになりました。

ラナンキュラス全般の花言葉は「とても魅力的」「華やかな魅力」「あなたは魅力に満ちている」「美しい人格」「名声・名誉」です。

ラナンキュラスには様々な色があります。

赤のラナンキュラスの花言葉は「あなたは魅力に満ちている」
ピンクのラナンキュラスの花言葉は「飾らない美しさ」
白のラナンキュラスの花言葉は「純潔」
紫のラナンキュラスの花言葉は「幸福」
オレンジ色のラナンキュラスの花言葉は「秘密主義」
黄色のラナンキュラスの花言葉は「優しい心遣い」
となります。

優しさを意味する花6:黄色のガーベラ

今では様々な色味のガーベラを見かけますが、本来ガーベラは赤一色だったものが品種改良によって様々な色味のガーベラが誕生しました。

ガーベラが発見されたのは南アフリカでしたが、ドイツの植物学者ゲルバー(Gerber)が発見したことで、ガーベラと名がつきました。

黄色のガーベラの花言葉は「優しさ」「親しみやすさ」」究極の愛」 です。

たしかに、優しい色味の黄色のガーベラは見る人に元気を与え、親しみやすさを感じさせます。

また、ピンクのガーベラも優しい意味合いの花言葉となり、「思いやり」「崇高な愛」といった花言葉を持っています。

定番の赤いガーベラの花言葉は「神秘の愛」「限りなき挑戦」です。

オレンジのガーベラの花言葉は「冒険心」「我慢強さ」白のガーベラの花言葉は「純潔」「純粋」希望」です。

優しさを意味する花7:スズラン

小さくて可愛らしい花を下向きに咲かせるスズランは、寒い冬を乗り越えやってきな春の知らせの花をです。

季節が巡り、あたたかな春が再びやってくる喜びから、スズランの花言葉は、「幸せが再び訪れる」がメインとなっています。

またスズランは、ヨーロッパ諸国では聖母マリアの花とされていることから、「純粋」「純潔」「愛らしさ」「謙遜」そして「優しさ」という花言葉も持ち合わせています。

清らかな白色の花を咲かせ、小さな鈴のような丸みを帯びた花は愛らしく、小さいながらも優しさを秘めた花と言えるでしょう。

スズランの見頃は5月から6月にかけてで、可愛らしい小さな花を咲かせるとともに、癒やしの香りを届けてくれるので、世界中の人たちから愛され、今日に広まっています。

優しさを意味する花8:ピンクのカーネーション

母の日に贈る花として代表的なカーネーションの花言葉は「無垢で深い愛」です。

代表的な赤いカーネーションの花言葉が」母への愛」「母の愛」であることから、日本では母の日にカーネーションを贈ることが定着しました。

そんなカーネーションですが、ピンクのカーネーションは「優しさ」を含む花言葉が並びます。

「温かい心」「感謝」など、ピンクの優しい色合いのカーネーションには優しさに溢れた花言葉が込められているのです。

この他にピンクのカーネーションには「女性の愛」「上品・気品」「美しい仕草」という花言葉があります。

女性らしさを象徴する花なので、ピンクのカーネーションを部屋に飾るだけでも、女らしさが増していくと言われています。

女性へのプレゼントとしてもピンクのカーネーションはオススメです。

ちなみに白いカーネーションの花言葉は「純粋な愛」「尊敬」「私の愛は生きています」です。

少し珍しいオレンジの花言葉は「あなたを熱愛します」「清らかな慕情」です。

花言葉で「優しさ」を意味する花を知ろう

「優しさ」を花言葉に持つ花をご紹介しました。

誰かに受けた優しさに感謝の気持ちを込めて、これらの花をプレゼントするのも良いですね。

また、自分が優しさに包まれたいときは、これらの花を飾ったり、花見に出かけると花の優しいパワーを分けてもらえるでしょう。

【優しさ】花言葉で優しさや慈愛を意味する花とはに関連する占い情報