ワンドの6の逆位置が出た時の意味解釈【タロット占い】ワンドの6の逆位置は不安や後進を意味する

最終更新日:2019年4月20日

ワンドの6の逆位置が出た場合には不安や後進といった意味があります。

そのため占った対象が不安な気持ちを持っている可能性があります。

選択を誤ると自分の想定していない事態が起こることがあります。

そうした事が起こらない様、ワンドの6の逆位置が出た場合の意味や解釈について詳しく解説します。

1.ワンドの6の逆位置が出た場合の【基本的な意味】

ワンドの6の逆位置は「不安」「後進」を表しています。

今までうまくいっていたことでも、急に状況が不利になったり、失敗が続くことを暗示しています。

慎重になり、日々の努力を怠らないようにすることで、被害を最小限に抑えることができます。

周囲からの評価も落ち目になってくるため、自己開示をするなど他者との関係性を良くしておくと良いでしょう。

突然の災難にも共に立ち向かってくれるような仲間になれればベストです。

無理やり力技で物事を進めようとすると、余計に事態が悪化することが多いです。

一歩引いた視点から、冷静になって状況を見極める力が今を切り抜けて行くポイントとなります。

2.【相手の気持ち】について占った時にワンドの6の逆位置が出た場合の意味

ワンドの6の逆位置が出た時の意味解釈【タロット占い】ワンドの6の逆位置は不安や後進を意味するに関連する占い情報