ワンドの2の逆位置が出た時の意味解釈【タロット占い】恋愛・片思い・復縁・仕事・未来の占い結果は何を示している?

最終更新日:2019年4月11日

ワンドの2の逆位置は孤独や焦燥感を意味するカードです。

これがタロット占いにおいて出た時には注意が必要です。

そこでここでは、恋愛・復縁・仕事などの観点からワンドの2の逆位置が出た場合の意味や解釈について詳しくご紹介します。

1.ワンドの2の逆位置が出た場合の【基本的な意味】

ワンドの2には、地球儀を片手に高い建物から遠くを見つめる男性の姿が描かれています。

ワンドの2の基本的な意味は達成や野心を表します。

それが逆位置になると焦燥感や孤立を表すカードとなります。

また、ワンドの2のカードでは2つの木の杖のうち片方を掴んでいますが、逆位置となると提示された選択肢を自信を持って選べない、不安感を表すカードとなります。

ワンドの2の逆位置が表す意味は、あなたの中に迷いが生じ何事も決められない現状を表しています。

あなたが起こした行動により、予期せぬトラブルが発生したり、失敗して自信を失ってしまう事を示唆しています。

当分は何事にも慎重な決断を心がけるようにし、よほど自信があるとき以外は大きな決断はしないようにしましょう。

また、周囲の意見を十分に聞くようにしましょう。

2.【相手の気持ち】について占った時にワンドの2の逆位置が出た場合の意味

次のページヘ矢印

ワンドの2の逆位置が出た時の意味解釈【タロット占い】恋愛・片思い・復縁・仕事・未来の占い結果は何を示している?に関連する占い情報