ワンドの2の逆位置が出た時の意味解釈【タロット占い】恋愛・片思い・復縁・仕事・未来の占い結果は何を示している?

最終更新日:2019年4月11日

ワンドの2の逆位置は孤独や焦燥感を意味するカードです。

これがタロット占いにおいて出た時には注意が必要です。

そこでここでは、恋愛・復縁・仕事などの観点からワンドの2の逆位置が出た場合の意味や解釈について詳しくご紹介します。

1.ワンドの2の逆位置が出た場合の【基本的な意味】

ワンドの2には、地球儀を片手に高い建物から遠くを見つめる男性の姿が描かれています。

ワンドの2の基本的な意味は達成や野心を表します。

それが逆位置になると焦燥感や孤立を表すカードとなります。

また、ワンドの2のカードでは2つの木の杖のうち片方を掴んでいますが、逆位置となると提示された選択肢を自信を持って選べない、不安感を表すカードとなります。

ワンドの2の逆位置が表す意味は、あなたの中に迷いが生じ何事も決められない現状を表しています。

あなたが起こした行動により、予期せぬトラブルが発生したり、失敗して自信を失ってしまう事を示唆しています。

当分は何事にも慎重な決断を心がけるようにし、よほど自信があるとき以外は大きな決断はしないようにしましょう。

また、周囲の意見を十分に聞くようにしましょう。

2.【相手の気持ち】について占った時にワンドの2の逆位置が出た場合の意味

相手の気持ちについて占った時にワンドの2の逆位置が出た場合は、相手があなたへの興味を失いつつある現状を示しています。

付き合っている相手がいる場合は、相手からの連絡頻度が落ちていたりしませんか?

決してあなたに嫌気が指したわけではないものの、変化のないあなたとの関係ややり取りに飽きが来ている可能性があります。

相手が喜ぶようなことを計画し実行してみましょう。

現状の停滞感から何かしらの変化が感じられるかもしれません。

また、友人関係においてこのカードが出た場合も、友人はあなたと一緒にいることにあまり楽しみを抱いていない可能性があります。

惰性での付き合いになってしまいお互いにとって時間の無駄になる可能性もあるので、少し距離を置いてみましょう。

3.【片思い】について占った時にワンドの2の逆位置が出た場合の意味

片思いの状況でワンドの2の逆位置が出た場合は、あなたに対して興味を抱いていないことを意味しています。

そのためアプローチしても失恋してしまう可能性が極めて高い現状を示しています。

また、相手には既に他に気になる異性がいて、そちらに興味を持っていかれていることも考えられます。

自分の思い通りにいかない展開が続き、焦燥感に駆られることも多くなるでしょう。

ただ、現状は積極的なアプローチに出ても逆効果となってしまう可能性も高いため、程よい距離感をキープして様子を見る様にしましょう。

その結果、相手に既に意中の相手がいる気配がある場合は、いっそきっぱりと諦めてしまったほうが人生において良い選択になります。

4.【復縁】について占った時にワンドの2の逆位置が出た場合の意味

相手との復縁を望んでいる場合でワンドの2の逆位置が出た場合は、復縁が非常に困難な道であることを示しています。

相手は既にあなたへの興味を失っており、アプローチしても適当にあしらわれてしまう可能性が高いです。

そのような状況が続けば、いずれあなたも諦めの境地に達してしまうでしょう。

それでも復縁したいと思う場合は、今はアプローチすべき時ではないと捉え、しばらくは距離を置いて様子をみましょう。

時が経てば運気が変わることもありますし、あなたにとってよりよい人が現れる可能性も考えられます。

5.【仕事】について時にワンドの2の逆位置が出た場合の意味

仕事について占った場合にワンドの2の逆位置が出た場合は、頑張りに対して十分な結果が出せないことで、焦りや焦燥感を感じている現状を示しています。

あれもこれもがんばろうとして、どれも中途半端な状態になっていませんか?

重要な場面で適切な選択ができず、収集がつかなくなっている可能性があります。

そのような状態に心当たりがあるのであれば、自分だけで解決しようとせず、自分のプライドを捨てて周囲に相談して助けてもらうことが大切です。

今のあなたは自分だけでがんばろうとして孤立してしまっており、周囲が助けたいと思っていても手が出せない状態になってしまっています。

あなたから周囲に助けを求めることで、周囲もあなたを助けることができ、現状の良くない状況を打破する糸口を見つけることができるでしょう。

転職を考えている場合は、現状はあなたの考える条件に合った会社には出会えないでしょう。

しばらくは様子を見つつ、現状の仕事と続けていくのが無難です。

6.【自分の未来】について占った時にワンドの2の逆位置が出た場合の意味

漠然と、自分の未来について占った際にこのカードが出た場合は、今後予期せぬトラブルに見舞われることを示唆しています。

重要な決断を下すことにより、物事が良くない方向に行く可能性もあります。

このような重要な決断を下す場合は、あなたの独断だけでなく周囲の意見も反映させながら進めていくとよいでしょう。

また、せっかく築いた富を失ってしまう可能性があります。

今はギャンブルに大金を注ぎ込んだり、友人の保証人になったりすることは絶対にやめましょう。

しばらくは何事もあなたの思い通りに進まず、焦燥感に駆られる日々が続くと思いますが、それも今しばらくだけと考え、周囲の助けも借りながら現状を打破するようにしましょう。

意固地になって自分だけで進めてしまうと、ますます孤立してしまう可能性があるので気をつけましょう。

ワンドの2の逆位置が出た時の意味解釈【タロット占い】恋愛・片思い・復縁・仕事・未来の占い結果は何を示している?に関連する占い情報