【プロポーズ】プロポーズに最適な花言葉を持つ花

最終更新日:2019年5月5日

プロポーズの際に欠かせない贈り物が花です。

プロポーズの花と聞いて多くの人がイメージするのはバラですが、実はバラ以外にもプロポーズに適している花言葉をもつ花は沢山あります。

そこで今回はバラをはじめとしたプロポーズに適している花言葉をもった花を紹介します。

1.プロポーズの定番!赤・白・青・黄色のバラ

バラは基本的に愛や美といった花言葉を持っています。

色によって花言葉に違いがあり赤・白・青・黄色のバラが特にプロポーズに相応しい花言葉があります。

赤いバラは「あなたを愛しています」「情熱的な愛」といった花言葉です。

白いバラは「私はあなたに相応しい人間」「相思相愛」といった花言葉です。

青いバラは「夢が叶う」といった花言葉です。

黄色いバラは「献身」「愛の告白」といった花言葉です。

また、バラは本数によっても花言葉の意味が変わります。

プロポーズに相応しい本数は以下の通りです。

・108本
永久(とわ)の語呂合わせで、「結婚してください」の意味があります。

・99本
「永遠の愛」という意味があります。

・50本
「永遠」などの意味があります。

・40本
「真実の愛」という意味があります。

・12本
古くからヨーロッパでプロポーズの際に女性に贈った本数で、「奥さんになってください」の意味があります。

・11本
「最愛」「宝物」などの意味があります。

・3本
「愛している」の意味があります。

・2本
「二人の世界」の意味があります。

・1本
「あなただけしか目に入らない」の意味があります。

バラはプロポーズの定番となっていますから、もらう相手も分かりやすい花と言えます。

2.赤・ピンク・黄色のガーベラもプロポーズにふさわしい

ガーベラにも様々な色の花がありますが、バラ同様に色によって花言葉に違いがあり、特にプロポーズに相応しい花言葉をもつガーベラの色は赤・ピンク・黄色です。

赤色のガーベラは「燃え上がる神秘的な愛」といった花言葉です。

ピンク色のガーベラは「熱愛」といった花言葉です。

黄色のガーベラは「究極の愛」といった花言葉です。

ガーベラは色だけでなく、バラ同様に贈る本数によっても花言葉の意味が変わる花です。

以下の本数がプロポーズに適している花言葉となります。

・108本
「結婚をしてください」という意味になります。

・99本
「永遠の愛」という意味になります。

・50本
「永遠」などの意味があります。

・40本
「真実の愛」という意味があります。

・12本
「奥さんになってください」という意味があります。

・11本
「最愛」「宝物」などの意味があります。

・9本
「いつも一緒にいたい」という意味があります。

・6本
「あなたに夢中」という意味があります。

・4本
「一生愛し続ける」という意味があります。

・3本
「愛している」という意味があります。

・1本
「あなたが運命の相手」という意味があります。

3.赤・ピンク・紫色のチューリップ

チューリップも色や本数によって花言葉の変わる花となっています。

プロポーズに相応しい花言葉をもつチューリップの色は赤・ピンク・紫です。

白や黄色のチューリップは失恋などの意味があり、プロポーズに最悪な色なので注意しましょう。

赤色のチューリップは「愛の告白」といった花言葉です。

ピンク色のチューリップは「真実の愛」といった花言葉です。

紫色のチューリップは「不滅の愛」といった花言葉です。

プロポーズに相応しいチューリップを贈る本数は以下のようになっています。

・108本
「結婚をしてください」という意味になります。

・99本
「永遠の愛」という意味になります。

・50本
「永遠」などの意味があります。

・12本
「奥さんになってください」という意味があります。

・11本
「最愛」「宝物」などの意味があります。

・9本
「いつも一緒にいたい」という意味があります。

・8本
「思いやり」という意味があります。

・6本
「あなたに夢中」という意味があります。

・3本
「愛している」という意味があります。

・1本
「あなたが運命の相手」という意味があります。

4.赤・ピンク・オレンジ・青色のカーネーション

カーネーションは母の日に贈る花というイメージがありますが、プロポーズに相応しい花言葉をもつ花でもあります。

バラなどと同じようにカーネーションも色によって花言葉が変わり、プロポーズに相応しい花言葉の色は赤・ピンク・オレンジ・青色となっています。

ただし、黄色いカーネーションは「軽蔑」「嫉妬」といったプロポーズに最悪の花言葉なので注意が必要です。

なお、カーネーションは贈る本数による花言葉の違いはありません。

赤色のカーネーションは「真実の愛」「情熱」といった花言葉になります。

ただし「哀れな心」という花言葉もあるので相手に誤解されないように注意が必要です。

ピンク色のカーネーションは「熱愛」「感謝」といった花言葉です。

オレンジ色のカーネーションは「熱愛」「純粋な愛」といった花言葉です。

青色のカーネーションは「永遠の幸福」という花言葉です。

5.白・赤色のブーゲンビリア

ブーゲンビリアという南国生まれの、THE・南国といった見ためをしたブーゲンビリアという花があります。

ブーゲンビリアもバラなどと同様に色によって花言葉が変わり、白色と赤色のブーゲンビリアがプロポーズに特に相応しい花言葉となっています。

ただし、ブーゲンビリアは包葉が薄い見た目をしている事から、各色共通の花言葉として「薄情」というネガティブな意味もあるので、相手に誤解されないように注意が必要です。

またカーネーションと同様に本数によっては花言葉の意味は変わりません。

白色のブーゲンビリアは「熱心な気持ち」「あなたは素敵」といった花言葉です。

赤色のブーゲンビリアは「情熱」「あなたしか見えない」といった花言葉です。

ブーゲンビリアの特徴として香りがないというものがあります。

強い香りが苦手という相手に花を贈ってプロポーズしたい場合はオススメな花です。

6.プリムラ・シネンシス、プリムラ・マラコイデス

プリムラという小さい可愛い花を咲かせる花があります。

プリムラには様々な種類があり、種類ごとに名称が異なります。

その中で、プリムラ・シネンシスとプリムラ・マラコイデスという花はプロポーズに相応しい花言葉をもつ花となっています。

なお、プリムラはカーネーションなどと同様に相手に贈る花の本数によっては花言葉が変化する事はありません。

プリムラ・シネンシスは「永遠の愛情」という花言葉があり、小さい白い花を咲かせます。

プリムラ・マラコイデスは「気取らない愛」「運命を開く」といった花言葉であり、赤紫・紫・ピンク・白色など様々な色があります。

細かく分類すると色によっても花言葉を分別できますが、プリムラ・マラコイデスは基本的にどの色でもプロポーズに使えるので、相手の好きな色の花をチョイスして問題ありません。

7.チョコレート色のコスモス

清潔感のある花を咲かせるのが特徴のコスモスもプロポーズに相応しい花言葉をもつ花となっています。

コスモスもバラのように色によって花言葉に違いがあり、チョコレート色のコスモスがプロポーズに相応しい色となっています。

チョコレート色のコスモスの花言葉は「変わらぬ愛情」です。

ただし、チョコレート色のコスモスには「恋の終わり」といったプロポーズに相応しくない花言葉もあるので、相手に誤解されないように注意しましょう。

プロポーズする時に適した花言葉を持つ花を知ろう

プロポーズに相応しい花言葉をもつ花であっても、色や本数によってはプロポーズに最悪な花言葉をもつ花に変わってしまう場合があります。

例えば、カーネーションです。

バラやガーベラは黄色の花だと献身や究極の愛といった素晴らしい花言葉となりますが、黄色のカーネーションは軽蔑などの悪い意味になってしまいます。

花を贈ってプロポーズする時には事前にしっかりと色や本数についてチェックするようにしましょう。

【プロポーズ】プロポーズに最適な花言葉を持つ花に関連する占い情報