【椿】花言葉は「控えめな優しさ」。椿をお見舞いに贈るのがNGな理由とは

最終更新日:2019年8月14日

椿と言っていちばんまっさきに想像されるのが、「赤い椿」なのではないでしょうか。

赤い椿には、誇り高い存在感がありますよね。

赤い椿の花言葉は、「謙虚な美徳」「控えめな素晴らしさ」「きどらない優美さ」です。

やはり椿本来のもつ「謙虚さ」や「控えめさ」があらわれている花言葉ですね。

また、赤い椿は存在感がありますが、その花姿はあまりゴテゴテとした入り組んだものではなく、シンプルでいさぎよいものです。

そのいさぎよさが、気取らない椿の雰囲気を作り出しています。

そのことから「きどらない優美さ」という花言葉が導き出されたのかもしれません。

3.白い椿の花言葉は「申し分のない魅力」「完全なる美しさ」「至上の愛らしさ」

次のページヘ矢印

【椿】花言葉は「控えめな優しさ」。椿をお見舞いに贈るのがNGな理由とはに関連する占い情報