チャネリングって何?チャネラーの存在やチャネリングのやり方・種類・注意点を解説

最終更新日:2019年8月16日

チャネリングにはチャネラーが交信するときの状態や交信して得られる情報、情報の受け取り方などによっていろいろなチャネリングの種類が存在します。

チャネラーの状態によるチャネリングの違い

チャネラーが実際にチャネリングをするときの無意識で行うのか意識がある状態で行うのかによる違いがあります。

一般的に意識がある状態でチャネリングすることをコンシャスチャネリングといいます。

コンシャスチャネリングを行う場合チャネラー自身の意識があるのでその場でチャネラーやチャネラーに相談した人がさらに聞きたいことなどを考えて質問したり交信したり出来るというメリットがあります。

さらにチャネラーの意識がはっきりしていることにより情報の正確性があったり、伝えられる情報やメッセージが多くなるといったメリットがあります。

逆に無意識の状態で行うチャネリングのことをアンコンシャスチャネリングまたはトランスチャネリングともいいます。

アンコンシャスチャネリングではチャネラーの意識がない状態で行うので聞きたい情報が多いと質問しきれなかったり、チャネラーが無意識の状態で受け取ったものの伝え切れなかった場合にその情報をチャネラーが覚えていられないといった可能性もあります。

さらにアンコンシャスチャネリングではチャネラーの体を媒体としてチャネリングを行うので言語に問題が発生する可能性もあります。

チャネリングしている相手の文化や風習などといったその民族や種族でしか伝えられない言葉などがこれに当たります。

ただし、アンコンシャスチャネリングの場合チャネラーの考え方などが情報に脚色されない分正確で純度の高い情報が得られるといったメリットもあります。

チャネラーの情報やメッセージの受け取り方や交信方法によるチャネリングの違い

チャネラーの交信方法による違いもあります。

例えば映像や画像的に受けとるやり方もあれば、会話をしたり音声的に受けとるやり方もあります。

他にも温度や痛さなど全身による体の感覚で受けとるやり方や、チャネラーが無意識の状態で情報を書いていく自動書記であったりと、交信したりメッセージや受け取りたい情報やメッセージによって受け取りやすい方法を選んで行ったりします。

チャネラー自身のチャネリング力によっては一つの方法しかない場合などは正確に伝えられなかったり、上手く受けとれないこともあります。

逆にチャネリング力が高いチャネラーだとあらゆる方法によって情報やメッセージを受けとれるのでより正確で多くのものが得られます。

チャネリングにより誰とつながれるのか

次のページヘ矢印

チャネリングって何?チャネラーの存在やチャネリングのやり方・種類・注意点を解説に関連する占い情報